ENGINET

生活百科

目次

関連項目

リンク


住宅ローン減税

   HOME  
2014年8月

住宅ローン減税について

住宅などを取得する際は、ローンなどでお金を借りると思います。この場合、借入金の一定割合を、所得税から控除されます。もちろん、それにはいくつかの要件があり、該当者のみとなります。この減税を住宅ローン減税と呼びます。
住宅ローン減税は続いてきましたが2008年12月31日で一度、終了しました。その後、国土交通省は、住宅ローン控除として5年間、更に延長されるようになりました。また、控除率も引き上げ、そして、控除対象に住民税も新たに加え、2009年度からの税制改正案を成立させています。そして、2009年4月から施行された減税制度、これは最大で600万円の控除を受けられるケースもあるのです。
住宅ローンを組んだ人で、ある一定の条件を満たしている人が対称です。その人が、確定申告をすると、すでに払ってある所得税から、一定の割合で返金されます。
麻生内閣の時に、景気対策の、追加経済対策の柱として、住宅ローン減税が期間延期となりました。同時に金額の拡大も決定したのです。控除額も、当初、300万と言われていたことより、600万と大幅にアップしています。
住民税の減税については、総務省は反発しているようです。ひとつの案として、所得税額が控除額を下回ったケースにおいて、1年の税額が60万円を下回った場合だけ、差額を住民税から差し引くことを提案していました。住宅ローン減税で、誰が得をすると言えば、やはり家を購入する消費者ですよね。住宅ローン減税が拡大されれば、されるほど、不動産が売れるようになります。不景気で大きな買い物が出来なくなっている私達も、住宅ローン減税があるのなら、買ってみるか、と言う気持ちになります。住宅を買う人を応援しますという政府の政策ですね。
一般住宅においては、最大で500万円の控除を受けられます。また、耐震性に優れた「長期優良住宅」といわれる家、200年住宅とも言われていますが、この場合は最大で600万円の控除が10年間、受けられます。現行の住宅ローン減税ですと、10年間で最大、160万の控除でしたから、その金額はかなりアップしたと言えますね。そして、上限は住宅ローンの残高が、5000万円となります。
住宅ローン減税と言う制度を知らずに適用していなかった期間があったとしても、5年間の過去をさかのぼり、還付請求をすることが出来ます。2009年、2010年に入居した住居の場合、一般住宅で最大控除額が500万円となり、1999年から2001年6月のおよそ600万円次いで高い控除率となっています。

生活百科