ENGINET

生活百科

目次

関連項目

リンク


中古マンション売却

   HOME  
2014年7月

中古マンションを高く売るコツ

マンションなどの物件を、高く売る方法はいろいろコツがあるようですが、また、失敗するポイントもたくさんあります。例えば、自分の愛着がありすぎるため、価格設定を誤ってしまうことです。自分が、当時、とことん探して比べて悩んで購入したマンションですから、「とても良い物件」と思ってしまうことも当然です。そうなると、価格を安く設定することは難しくなり、どうしても売却希望価格を高く設定してしまいます。売却の価格は、相場というものがあるのですが、どうしてもそれより高く設定してしまう人が多いのです。高く売る方法ばかりを考えて、マンション売却を失敗しないようにしたいですね。
また、購入した当時はそれなりの価格がしたので、仲介業者が出す査定額になかなか納得が出来ないということも多いです。購入時に高額だったマンションも、中古となれば、その査定の金額はかなりダウンして当然です。不動産会社などのアドバイスを無視して、売却価格を高めに設定すると、なかなかマンションが売れず困ることになります。現状を把握し、客観的に自分の物件を見て値段を決めなければなりません。
時間に余裕がある売主でしたら、希望の値段で買ってくれる人が出てくるまで、ゆったりとした気持ちで待てるでしょう。そうではなく、すぐにでも売ったお金を手に入れたいと焦るのならば、売却価格はそれほど高くすることはできません。売主の事情や経済環境も、マンションの売り価格には影響してくるのです。マンションを買う方は、焦って手放したい売主から買うと安く手に入れることも出来るのです。
したがって、マンションを高く売るには、焦らずに希望価格で売れるのを待つだけの経済力はつけておく必要があります。希望価格で手放したいのなら、すぐに売却しなくても困らない、そのような環境で待つしかありません。自分の愛着のあるマンションであっても、欲目で見ることなく、中古マンションはそれほど高く売れないと覚悟を決めておく必要があります。そうすれば、不動産屋が出す査定金額にも納得できるでしょう。出来るだけ早く手放したいのなら、現実を受け入れ、相場を把握し、売却希望価格を高くしすぎないようにすべきです。
マンションが建てられている立地条件によって価格に差があることは当然ですが、東京都と大阪府では100万円程度の差があります。また、全体に共通することですが、築20年ぐらいまでは一定の割合で下がっていき、その後は下がらないグラフになっています。つまり、築20年を過ぎているのであれば、いつ売却しても大きな差はないと言えるでしょう。もちろん、売却する時には内装の修復は必要で、その費用は売り手の持ち出しとなりますから、経費として考慮しておかなければなりません。
マンションの立地条件が、購入時よりもはるかに良くなっている時は、高く売れる場合があります。インターネットではマンションを高く売るための情報が満載で、購入時よりも高く売れるマンションはどのような条件となっているかはこれまでの不動産物件から見ることができます。新しいマンションができる場合は、周辺も開拓中と言う場合が多いですが、交通の便が良く、10年後くらいには、買い物、病院、学校、役所など生活に密接した施設が近くに豊富あるような場所を予測することです。

現在、新築マンションと同じくらい、中古マンションを買いたいという人も増えています。中古は価格が魅力です。リノベーションという言葉が流行し、古い中古マンションを購入後、自分で好きなようにリフォームして住むというケースも増えています。そのため、中古マンションに何も手入れをせず、そのまま売りに出すという方法も増えました。ですが、自分でリノベーションをするという人は、まだまだ少数派ですから、マンションを高く売る方法としては、従来どおり、リフォームしきれいな状態で売りに出したほうが成功率は高いと言えるでしょう。一軒家も同じことでしょうが、マンションを高く売るためには、見た人が気に入ってくれるように、悪いところは直しておくことです。リフォームや修繕など、売却に出す前、最初に投資することも大事だと言えるでしょう。買いたいと思っているほうは良いマンションを少しでも安く手に入れたいと思っています。物件には、売れる要素として、駅からの立地や、周辺の環境、間取り、日当たりなど、いろいろあげられますが、当然ながら、このようなことは自分でどうしようも出来ません。お金をかければ出来るのが、内装などや使い勝手をよくすることなどですので、内装などにある程度投資をしてみましょう。
男性の場合ですと、マンションなどの物件を探す際に考えることは、お金のことや、ローンのこと、また、会社へどうやって通勤するかなどでしょう。女性の場合は、自分と家族がそこで暮らすイメージが沸けば、購入したくなるものです。決定権は女性側にあるというカップルも多いですから、高く売る方法として、女性の気持ちをつかむことを考えるとよいでしょう。結婚していない独身女性もそうですが、この部屋でどのような生活ができるのか、それをイメージできたら購入意欲も増してきます。女性たちは「もし、ここに私が住んだら、ここには棚を置いて、ベッドはここで」というような、ある程度、将来の生活をリアルに思い浮かべながら、マンション探しをしているのです。マンションのモデルルームには、それをナビゲーションしてくれるような、家具があらかじめ置いてありますよね。「ここで暮らしたら、こんな素敵な生活が送れる」というイメージをわかりやすく伝えるために、おしゃれでモダンな家具やインテリア小物が置かれています。マンションを高く売る方法のひとつとして、女性が生活をイメージしやすい、素敵な生活を思い浮かべやすい環境を作っておくという方法があります。例えば、中古マンションですと、引き払う前に、売主さんが住んでいるまま、下見をさせるケースもあります。そこで、散らかっている室内、汚い室内を見たら、素敵な生活をイメージすることはできません。住みながら売却をする方は、モデルルームとまでは言いませんが、誰が見ても、「ここで素敵な暮らしが出来そう」と思わせるように片付けておきましょう。少しでも高く売れるように、マンションが売りに出されている間は、家族に協力してもらい、きれいな室内でいることを目指しましょう。そして、見に来た方には、気軽に話をしてあげましょう。売主さんの人となりを伝えられることも、マンションを高く売る方法のひとつだと言えます。売主がもう出てしまっている場合は、傷や汚れなどがあるなら、先にリフォームすることをおすすめします。マンションを売却に出す前に、傷や汚れなどを確認し、きれいに直しておくことです。リノベーションに興味がある客でしたら、古いマンションを見ても「ここはこう直せばいい」と自分で想像できるでしょう。ですが、多くの人は「汚い、古い」と言ったイメージを受けるだけで、購入意欲を失うことになります。高額なリフォームは必要ありませんが、高く売る方法として、プチリフォームや、室内クリーニングは大切だと思います。費用は何十万程度と見ておけば大丈夫です。バスルームやキッチンなどは特に、プロのクリーニングが入ると見違えます。

生活百科